BXI Builingual System started translating.
Language

NEWSお知らせ

2019.05.24

毛蟹

毛蟹 1キロを超える大物の存在感は、冬の王者・松葉蟹に匹敵する。生姜酢のジュレが味わいも香りも強い毛蟹をより昇華させる。 #毛蟹 #蟹 #カニ #かに #日本料理 #和食 #豪龍久保 #会席料理 #kegani #hairycrab #crab #kani #japanese #japanesefood #japanesecuisine #washoku #goryukubo #kaiseki #kaisekiryori
2019.05.18

豪奢

豪奢 特大の鱒之介、11キロアップ。外見は銀色の鱗を纏い、太く巨大で存在感があり、まさにキングオブサーモン。しかし味わいは繊細で癖もなく、身は柔らかで派手さはない。コースの締めに相応しく、滋味深い。 #鱒の介 #マスノスケ #キングサーモン #希少 #炊き込みご飯 #日本料理 #和食 #豪龍久保 #kingsalmon #japanese #japanesefood #japanesecuisine #nihonryori #washoku #goryukubo
2019.05.12

薫香

薫香 炙ることによって際立つ脂と、藁の香りを纏うことで引き立つ血の香り。今の時季の鰹ならではの味わい。 #鰹 #カツオ #お造り #豪龍久保 #日本料理 #和食 #会席料理 #南京赤絵 #明末 #bonito #katsuo #otsukuri #goryukubo #nihonryori #washoku #japanese #japanesefood #japanesecuisine #kaisekiryori
2019.05.08

圧倒的

圧倒的 完熟の宮崎マンゴーの中でも特に優れているとされる“太陽のタマゴ”ですが、その中でも最上級AA品である赤秀品を使用。大きさも5Lサイズを厳選しておりますので、食べ応えがあり、風味、香り、甘味、どれを取っても存在感のある素晴らしい果物です。程よく酸味のきいているシャルドネのジュレをかけて、ご賞味くださいませ。 #太陽のタマゴ #宮崎マンゴー #水菓子 #日本料理 #和食 #春海バカラ #デザート #豪龍久保 #mango #nihonryori #washoku #japanese #japanesefood #japanesecuisine #goryukubo
2019.04.30

幻蝦

幻蝦 魚穫量が極端に少なく、よく幻の海老なんて言われているブドウエビ。とろけるような口当たりにプリッとした食感、強い甘味を生かすにはやはり生で食すのが一番。不定期的ではありますが、入荷した際にはぜひご賞味いただきたい逸品です。 #ブドウエビ #ぶどうえび #海老 #幻の食材 #お造り #日本料理 #和食 #会席料理 #豪龍久保 #shrimp #prawn #japanese #japanesefood #japanesecuisine #washoku #nihonryori #kaiseki #kaisekiryori #goryukubo
2019.04.23

衣替

衣替 そろそろ古染付が似合う季節になって来ました。赤絵や土ものなど温かみのある器はちょっとひと休み。季節によって器を選ぶのも楽しみのひとつです。 #古染付 #明末 #景徳鎮 #400年前 #器 #うつわ好き #うつわ #35客揃 #古美術 #日本料理 #会席料理 #和食 #豪龍久保 #japanese #japanesefood #japanesecuisine #kaiseki #nihonryori #washoku #goryukubo
2019.04.13

美白

美白 白魚は鮮度と大きさと産地が重要。鮮度が良いのは当たり前のことですが、揚げた時に大きい方がふんわり仕上がり、噛み締めた時に淡い春の香りが漂う。産地によって少しグレーがかったものであったり、血の色がかんでいたりするが、やはり白魚と言う名の通り、真っ白でなくては! #白魚 #天ぷら #天婦羅 #豪龍久保 #和食 #日本料理 #会席料理 #icefish #tempura #tenpura #goryukubo #japanese #japanesefood #japanesecuisine #washoku
2019.04.11

朝堀

朝堀 早朝に地中に完全に埋まっている筍を堀り出し、すぐに空輸で送ると、お昼過ぎには当店に届きます。すぐに火を入れて鮮度を保てば、堀りたてにかなり近い状態に。今週までは福岡・合馬産、来週からはいよいよ京都・塚原産が登場か。 #筍 #白子筍 #眞子筍 #豪龍久保 #日本料理 #朝堀り筍 #和食 #会席料理 #bambooshoot #goryukubo #japanese #japanesefood #japanesecuisine #washoku #nihonryori
2019.04.07

朱貝

朱貝 愛媛県今治の漁師さんが送ってくれた特大の赤貝。圧倒的な存在感、食感、食べ応え。仄かに磯の香りが感じられ、風味はやや弱めだか甘味が強い。閖上をはじめとする東北の赤貝とはまた違った味わいだが、これもまた紛れもない“ピン”の素材。 #赤貝 #貝 #日本料理 #和食 #会席料理 #豪龍久保 #akagai #arkshell #redclam #nihonryori #japanese #japanesefood #japanesecuisine #kaiseki #goryukubo
2019.04.04

春到

春到 採りたての紀州うすい豆を葛で練った葛豆腐に、特別な活かし込みを施した蛤。新生姜を桜の花びらに見立てて、明月椀でのご提供。雛祭りのような仕立てではあるが、食材の“旬”を考えると全てにおいて今が最も美味しい時季。 #紀州うすい豆 #椀物 #蛤 #新生姜 #春の食材 #日本料理 #和食 #豪龍久保 #会席料理 #nihonryori #washoku #japanese #japanesecuisine #japanesefood #goryukubo #kaiseki

INSTAGRAMインスタグラム

2019.05.24
毛蟹 1キロを超える大物の存在感は、冬の王者・松葉蟹に匹敵する。生姜酢のジュレが味わいも香りも強い毛蟹をより昇華させる。 #毛蟹 #蟹 #カニ #かに #日本料理 #和食 #豪龍久保 #会席料理 #kegani #hairycrab #crab #kani #japanese #japanesefood #japanesecuisine #washoku #goryukubo #kaiseki #kaisekiryori
2019.05.18
豪奢 特大の鱒之介、11キロアップ。外見は銀色の鱗を纏い、太く巨大で存在感があり、まさにキングオブサーモン。しかし味わいは繊細で癖もなく、身は柔らかで派手さはない。コースの締めに相応しく、滋味深い。 #鱒の介 #マスノスケ #キングサーモン #希少 #炊き込みご飯 #日本料理 #和食 #豪龍久保 #kingsalmon #japanese #japanesefood #japanesecuisine #nihonryori #washoku #goryukubo
2019.05.12
薫香 炙ることによって際立つ脂と、藁の香りを纏うことで引き立つ血の香り。今の時季の鰹ならではの味わい。 #鰹 #カツオ #お造り #豪龍久保 #日本料理 #和食 #会席料理 #南京赤絵 #明末 #bonito #katsuo #otsukuri #goryukubo #nihonryori #washoku #japanese #japanesefood #japanesecuisine #kaisekiryori
2019.05.08
圧倒的 完熟の宮崎マンゴーの中でも特に優れているとされる“太陽のタマゴ”ですが、その中でも最上級AA品である赤秀品を使用。大きさも5Lサイズを厳選しておりますので、食べ応えがあり、風味、香り、甘味、どれを取っても存在感のある素晴らしい果物です。程よく酸味のきいているシャルドネのジュレをかけて、ご賞味くださいませ。 #太陽のタマゴ #宮崎マンゴー #水菓子 #日本料理 #和食 #春海バカラ #デザート #豪龍久保 #mango #nihonryori #washoku #japanese #japanesefood #japanesecuisine #goryukubo
2019.04.30
幻蝦 魚穫量が極端に少なく、よく幻の海老なんて言われているブドウエビ。とろけるような口当たりにプリッとした食感、強い甘味を生かすにはやはり生で食すのが一番。不定期的ではありますが、入荷した際にはぜひご賞味いただきたい逸品です。 #ブドウエビ #ぶどうえび #海老 #幻の食材 #お造り #日本料理 #和食 #会席料理 #豪龍久保 #shrimp #prawn #japanese #japanesefood #japanesecuisine #washoku #nihonryori #kaiseki #kaisekiryori #goryukubo
2019.04.23
衣替 そろそろ古染付が似合う季節になって来ました。赤絵や土ものなど温かみのある器はちょっとひと休み。季節によって器を選ぶのも楽しみのひとつです。 #古染付 #明末 #景徳鎮 #400年前 #器 #うつわ好き #うつわ #35客揃 #古美術 #日本料理 #会席料理 #和食 #豪龍久保 #japanese #japanesefood #japanesecuisine #kaiseki #nihonryori #washoku #goryukubo
2019.04.13
美白 白魚は鮮度と大きさと産地が重要。鮮度が良いのは当たり前のことですが、揚げた時に大きい方がふんわり仕上がり、噛み締めた時に淡い春の香りが漂う。産地によって少しグレーがかったものであったり、血の色がかんでいたりするが、やはり白魚と言う名の通り、真っ白でなくては! #白魚 #天ぷら #天婦羅 #豪龍久保 #和食 #日本料理 #会席料理 #icefish #tempura #tenpura #goryukubo #japanese #japanesefood #japanesecuisine #washoku
2019.04.11
朝堀 早朝に地中に完全に埋まっている筍を堀り出し、すぐに空輸で送ると、お昼過ぎには当店に届きます。すぐに火を入れて鮮度を保てば、堀りたてにかなり近い状態に。今週までは福岡・合馬産、来週からはいよいよ京都・塚原産が登場か。 #筍 #白子筍 #眞子筍 #豪龍久保 #日本料理 #朝堀り筍 #和食 #会席料理 #bambooshoot #goryukubo #japanese #japanesefood #japanesecuisine #washoku #nihonryori
2019.04.07
朱貝 愛媛県今治の漁師さんが送ってくれた特大の赤貝。圧倒的な存在感、食感、食べ応え。仄かに磯の香りが感じられ、風味はやや弱めだか甘味が強い。閖上をはじめとする東北の赤貝とはまた違った味わいだが、これもまた紛れもない“ピン”の素材。 #赤貝 #貝 #日本料理 #和食 #会席料理 #豪龍久保 #akagai #arkshell #redclam #nihonryori #japanese #japanesefood #japanesecuisine #kaiseki #goryukubo
2019.04.04
春到 採りたての紀州うすい豆を葛で練った葛豆腐に、特別な活かし込みを施した蛤。新生姜を桜の花びらに見立てて、明月椀でのご提供。雛祭りのような仕立てではあるが、食材の“旬”を考えると全てにおいて今が最も美味しい時季。 #紀州うすい豆 #椀物 #蛤 #新生姜 #春の食材 #日本料理 #和食 #豪龍久保 #会席料理 #nihonryori #washoku #japanese #japanesecuisine #japanesefood #goryukubo #kaiseki